不動産コンサルコンサルティングとは

定   義
不動産コンサルティングとは、不動産に関する専門家としての知識や経験を生かし、公平かつ客観的な立場から、不動産の利用、処分、取得、処分、管理、事業経営等について、依頼者が最善の選択や意思決定が行えるように助言し、あるいは提言する業務である。

守備範囲
不動産コンサルティングとして行われる業務の範囲は、不動産の利用、取得、管理、事業経営等に関し、依頼者の求めに応じて行う助言または提案及びその為に必要な調査、分析等の業務である。
不動産コンサルティング業務に付随して、依頼者の求めに応じ、助言または提案に基づく事務・事業の実施も行うことがある。
これらの業務領域に、他の資格士法にもとづく資格士でなければ行うことができない業務が含まれる場合には、当該業務を当該資格士に依頼し、または資格士と提携してコンサルティング業務を執行する。


業務類型
業務内容は、多様で個別性が強いが、こんな仕事かな。

@仲介コンサルティング
コンサルティングを行うものが、当該コンサルティングに係る不動産の売買、賃貸、交換等の仲介を行うもの。全てのご相談です。

A業務アドバイス型コンサルティング







※依頼者の求めに応じ、不動産に係る諸問題についてアドバイスを行う。
この場合は企画提案書を提出し、報酬をいただいた段階で業務が終了する企画提案型のコンサルティングを前提としております。
企画提案後テナントや賃借人の斡旋、管理・運用・処分、売買仲介等、事業執行段階の業務については、ご相談のうえ改めて事業執行に係るコンサルティング業務委託契約を締結して受託させていただきます。

B土地有効利用提案型コンサルティング
所有土地の有効利用の提案のみを行う大事業型のコンサルティングであり、事業に参画したり、事業主体とはならない。

ということは・・・    元へ戻る>>>